■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

世界特許の実現
世界特許は、日本の国益増大のみならず、世界全体の利益に極めて有用である。

日本は、環境問題で京都議定書を提案し、世界の環境問題に大きな貢献をした。

同様に、日本が率先して、世界特許への流れを作り、人類の進歩に貢献することが重要である。

事実上の世界特許を実現するためには、各国と特許FTAを結んでいくことが重要である。

複数の国と特許FTAを結んでいき、特許FTAを結んでいる国や地域の、世界の先端技術の開発におけるシェアが大きくなれば、加わらない国は産業の発展から取り残されることになるので、どの国も加入せざるを得なくなり、事実上の世界特許の実現に近づく。

特に、日米特許FTA早期実現が重要である。日米特許FTAが結ばれれば、現時点であれば、両国で世界最先端技術の大きな割合を占めるので、事実上の世界特許に大きく近づく。

日米特許FTAを締結するという明確な目標の下に、我が国の特許制度を、米国の制度と調和させていくことが重要である。

日米特許FTAが結ばれれば、日米の産業競争力は大きく強化される。事実上、世界の特許出願は、日本特許庁とUSPTOに集中することになろう。いずれか一方で特許されれば、アメリカと日本という世界のGDPの大きな部分を占める地域での独占権が得られることになり、その価値はEU特許を上回ることになるからである。

世界の各国の企業が、日本への出願、又は米国への出願を、先を争って行うようになるのである。

もちろん、日米特許FTA以外に、EU、アジア諸国等との特許FTA交渉も同時に進めるべきである。

いずれにしても、日本は、世界特許の実現に国の命運を賭けて挑まなければならない。


| 知的財産政策 | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑