■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

クリエイターの保護
日本ではクリエイターは貧乏な人が多い。

しかし、クリエイターは活発に創作活動をして、日本を支えている。

クリエイターの保護を図る必要があるだろう。

顔文字や、アスキーアートなどを見ると、日本人が創造的であることがわかる。

日本の創造性は思ったより高い。クリエイターの保護を図れば、才能を開花させる人が多くなるだろう。

クリエイターの中には、クリエイターを続けられずに固い職業に変わる人もいる。

バンドをやって作曲をやっていた人や、写真をとっていた人が、今は銀行員をしている例もある。

日本を支えるような職業でも、銀行員よりも給料が低いようだ。たとえば、アニメーター、イラストレーターの給料はひどく低いと聞く。

一方がイラストレーターで、もう一方が固い職業についている兄弟がいた。

固い職業についている方は、なんでイラストレーターなんかやっているのかわからないと首をかしげていた。

しかし、クリエイターには創造の喜びがあるのだろう。続けていれば才能が開花する可能性もある。

知的財産政策により、クリエイターを保護すれば、助けになることもあるだろう。




| 知的財産政策 | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑